「神野公園」こども遊園地を備えた佐賀のアミューズメントパーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
神野公園

「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。

佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにもない」なんて答えるんですけど、佐賀駅の西に「神野公園」という遊園地を備えた大きな公園があります。もとは1846年に佐賀藩主の別邸として造営された場所で、桜の名所にもなってるんですよね。気になってたんですけど、なかなか訪れる機会がなく、4月半ば桜吹雪の季節にようやく訪れる事が出来ました。

神野公園は広いので入り口が複数あるのですが、ここがメインの入り口。

神野公園1

入り口にあった神野公園の地図。

神野公園2

入り口を入って正面には、様々な種類のトンボが暮らす大きな池。

池を正面にして、左へ行くと美しい桜並木。

神野公園4

少し進むと、こども遊園地。なんだかとってもレトロな雰囲気で、楽しそうじゃないですか。

神野公園5

こども遊園地の案内板。おおっ!これはなかなか、侮れませんな。予想以上に様々なアトラクションがあるじゃないですか。

神野公園6

入園は無料、ワクワクしながら中に入っていくと、眼前に広がるのはなんともゆる~い雰囲気の遊園地。小さな子供連れの家族が、楽しそうに遊んでいます。平日なのにけっこう人が居ますねぇ。

神野公園7

おっほ!懐かしいねぇ、昔好きだったんですよこのブランコ。レトロで昭和の雰囲気そのままの遊園地、時間がゆっくり流れているような感覚。

神野公園8

こういう空飛ぶ系のやつとかね、男の子が好きなんだろうなぁ。

神野公園9

遊園地といえばコレ、ゲームコーナー。もうね、雰囲気抜群。昭和の世界にタイムスリップですよ。

神野公園10

射的と書いた看板を見てやってくると・・・ここで射的?想像つかないんですけど。ヘビやら骸骨がぶら下がってたりするんですが、これを撃てと・・・

神野公園11

コルク玉はガチャガチャになってます。

神野公園12

的らしきものは見当たらないのですが、ビニール製のトカゲやヘビの中に小さなドラムが置いてあります。「当たれば音が鳴るよ!」ってな感じでしょうか。これはヤだなぁ・・・やっぱ景品を撃ちたい。

神野公園13

他に面白そうなものがないか歩いていると、テントの中に懐かしいゲームを発見!

ナムコが1993年に発表した「スズカエイトアワーズ2」です。

神野公園14

乗り物の切符売り場はコチラ。売店を併設しています。

神野公園15

一日フリーパス「親子用」で1800円です、これは安い!

子どもを連れて遊園地に行こうと思うと、それこそ諭吉さんと何回お別れすることになるか・・・都会ならそうなりますが、ここは佐賀。1か月間毎週来ても、この出費ならどうってことない。佐賀の子供は恵まれてるなぁ。

神野公園16

横の売店はレトロな駄菓子屋。パイレーツ剣250円とか、メッチャいい雰囲気。

神野公園17

遊園地の外周を走る汽車、小学生くらいまでの子供にとっては天国やね。安いし近いし入場無料やし、本当に気軽に遊べる遊園地が身近にある。

神野公園18

遊園地から駐車場方面に出てみるとジェットコースターがすぐ上を走ってました。

神野公園19

さて、遊園地を出て公園へ。見どころは遊園地だけじゃないんです、佐賀はもともと湿地帯で水路が多い街なんです。そのためか、この公園は水の流れを活かした美しい景観が売りなんです。

池の向こうに見えるのは、神野のお茶屋と呼ばれる建物。佐賀鍋島藩主の別邸で、県の重要文化財です。

神野公園20

こちらは池に面して建つ茶室「隔林亭」です。

神野公園21

中では300円でお茶を飲むことが出来ます。茶室の池側が舞台のようになっていて、とってもいい雰囲気。この茶室は平成元年に復元された建物。

神野公園22

池の横に、川のように流れる水路がありました。この風景がとっても綺麗なんです、この写真じゃうまく伝わらないかなぁ。ワイドコンバーターが欲しいね、ほんと綺麗なんですよ。

神野公園23

池の対岸から先ほどの茶室。

神野公園24

茶室を対岸正面から。

神野公園25

いつの時代か示されていませんが、解体される前の茶室が移った写真。この写真を元に復元されたそうです。

神野公園26

続いて神野のお茶屋。旧藩主別邸、コチラは県重要文化財。

神野公園27

正面から

神野公園28

この建物は美しいですね、庭との調和が見事。ここを殿様が歩いていたと思うと胸アツ。

神野公園29

最後に小動物園。動物園というか、鳥が何種類かいました。鶏とか鳩、小鳥もいましたね。メインは孔雀かな?

神野公園30

私が訪れたときは桜の満開は過ぎたみたいで、だいぶ散り始めていました。それでもまだまだ綺麗な桜を楽しむことが出来て、花見をしている人もたくさんいました。風が吹いて桜が散ったので、桜吹雪を撮影しようと思ったのですが・・・うまく映らなかったみたい。残念。

神野公園31

子供を遊ばせたり、デートしたり、寛いだり。佐賀市の中心部にある市民の憩いの場、そして最大のアミューズメントパーク。身近にこういう場所があるのはいいですよね、人も多くないし自動車でパパッと出かけられるのは田舎ならでは。子供も楽しいだろうなあ、毎週でも通える遊園地ですからね。福岡市内からでも、私の家からだったら自動車で一時間以内。小さな子供を連れて、たまには佐賀へ!いかがでしょう?

「神野公園」

MAP:佐賀市神園4丁目1⇒ Googleマップへ

開園時間(こども遊園地):9:30から17:00

休園日(こども遊園地):毎週火曜日(祝日の場合は翌日)12/31、1/1 ※雨天、荒天時は臨時休園となる場合があります。

神野公園こども遊園地公式サイト⇒http://haut.jp/kouno/

※この記事は私が訪問した時のものです、遊園地などの施設は料金や営業時間が変更になる場合があります。最新情報、公園の詳細は公式サイトなどで確認されることをお勧めします。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  2. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  3. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  4. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…
  5. 龍造寺23
    肥前龍造寺氏、その名の由来となったお寺が龍造寺。佐賀市内に現存しています。 龍造寺隆信で有名な龍造…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る