明星「銀座デリー監修マサラカレー焼そば」レビュー!予想以上に本格派のドライカレー味

Pocket

カレーの名店と明星のコラボ商品、香りが最高です。

銀座デリー監修第二弾「銀座デリー監修マサラカレー焼そば」は旨そうな香りが食欲をそそりすぎるインスタント焼きそばでした。

銀座デリーは東京で店舗を展開する、1956年創業のインド・パキスタン料理の専門店。カレー好きなら知らない人はいないといわれるほどの老舗の有名店です。

そんなデリー監修で、同店の人気メニュー「ドライカレー」をアレンジしたというインスタント焼きそばが2016年2月1日に発売されたので、さっそく食べてみました。

銀座デリー監修の焼きそばは、高級感溢れるゴールドをベースにしたパッケージデザイン。

銀座デリーマサラカレー1

辛さランクは小辛ということで、辛さよりも旨さで食べる味のようです。麺容量はかなり大盛りで、130gも入っています。これは嬉しい。

銀座デリーマサラカレー2

パッケージの側面には監修元である「銀座デリー」の紹介が書かれています。1956年創業という事は、この記事を書いている2016年がちょうど60周年になりますね。

銀座デリーマサラカレー3

コチラが材料表示、カレー粉や香辛料が使われています。具は豚、味付鶏肉、ニンジンとシンプル。

銀座デリーマサラカレー4

1食158gは、なかなかのボリューム。カロリーは725kcal。

銀座デリーマサラカレー5

パッケージを開けてみると、中に入っていたのはこの二つ。液体ソースと、粉末スパイスです。

銀座デリーマサラカレー6

半分開けたパッケージから湯を注ぎます。具は最初から麺と一緒に入っているタイプです。

銀座デリーマサラカレー7

3分待って湯切口からお湯を捨てます。

銀座デリーマサラカレー8

蓋を全部剥がして液体ソースをかけると、強烈なカレーの香りが部屋に充満しました。これは旨そう!とても良い香り、食欲をそそります。

銀座デリーマサラカレー9

ガシャガシャとかき混ぜると、カレー独特の黄色い麺になりました。部屋に充満するほど強烈なカレーの香りとこの色は反則ですね、メチャメチャ旨そうです。

銀座デリーマサラカレー10

まずはスパイスなしで一口。う~ん、カレーが本格的。じわ~っと深いカレーの味と、細い麺が良く合います。しかし、これだけでは少し物足りない、カレーのスパイシーさやパンチが足りないですね。

銀座デリーマサラカレー11

そこで、満を持してスパイス投入。フライドオニオンなんかはここに入っているのでしょうか、とても旨そうな色です。緑色に見えているのは材料を見る限りパセリでしょう、かすかに赤い色も見えていますね。見るからにスパイシーで、これまた香りが良い。

銀座デリーマサラカレー12

それでは、またもやガシャガシャとかき混ぜて食べてみます。

もう、一口食べた瞬間からカレーの風味と、スパイスが強めのエッジのある味。かなり良く出来ています、これはまさにドライカレーですね。ベースになっているソースがカレー味の旨みと深さを出して、後からかけたスパイスがエッジの効いた香ばしさとピリッと感を出し味を引き立てています。

スパイスをいれてかき混ぜた後、数十秒から1分ほど置いた方が味がなじんで美味しくなるような気がします。

銀座デリーマサラカレー13

インスタント焼きそばにしては、かなり本格的なカレーの味でした。ドライカレーをアレンジしたというだけあって、スパイシーで香ばしくコクのある味。ネットでも「なかなかにしっかりしたカレー味」という評価がありました。うん、これは美味しかった、私好みの味ですね。

品名:明星 銀座デリー監修マサラカレー焼きそば
メーカー:明星
発売日:2016年2月1日
麺種別:油揚げ麺
希望小売価格:税別205円

商品の詳細、お問い合わせなどは下記リンクから公式サイトをご覧ください。

明星食品公式サイト

スペシャルサイトはコチラ

明星 銀座の名店スペシャルサイト

明星 銀座デリー監修 マサラカレー焼そば

新品価格
¥3,400から
(2016/2/9 10:19時点)

 

デリー カレ- 350g

新品価格
¥550から
(2016/2/9 10:20時点)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 「龍泰寺」は大宰府を追われた九州の雄、少弐氏が築いた城跡に建立されたお寺です。 鎌倉から室町にかけ…
  2. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  3. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  4. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  5. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る