「東よか干潟ガイダンスルーム」ラムサール条約の認定証(画像有り)東よか干潟を紹介する施設。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ラムサール条約認定証なんて、始めてみました。

まち情報:観光

東よか公園内に干潟の情報を発信するガイダンスルームがオープンしていました。

生態系を守るうえで重要な役割を果す湿地を保存するための国際条約、ラムサール条約の認定干潟となっている東よか干潟。佐賀市東与賀にある干潟の周辺は、東よか公園として整備されて市民の憩いの場になっています。

そんな公園の中に東よか干潟を多くの人に知ってもらい、干潟保護の取り組みを紹介するガイダンスルームがオープンしました。

古民家風の「東よか干潟ガイダンスルーム」

東よか干潟ガイダンスルーム外観

施設内ではパネルや映像を使って、東よか干潟の紹介がなされています。

東よか干潟ガイダンスルーム内観

東よか干潟がある有明海を代表する生き物、ムツゴロウ、ワラスボ、シオマネキをあしらったタペストリー。後ろには、シチメンソウもありますね。

デフォルメされたイラストがかわいいです、家に欲しいな。どこかに売ってないんですかね。

東よか干潟ガイダンスルームタペストリー

海の紅葉「シチメンソウ」の自生地として、日本最大の面積を誇る東よか干潟。有明海干拓の歴史や、干潟の生き物などを紹介するパネルが展示されています。

東よか干潟ガイダンスルームパネル展示

戦国末期や江戸時代頃に書かれた佐賀市の海岸線の絵図と、干潟干拓の歴史が紹介がされています。

東よか干潟ガイダンスルーム干拓

東よか干潟の特徴が紹介されています。シギ・シチドリ類の飛来数日本一や、干満差日本一など日本有数の干潟である事が分かりますね。

東よか干潟ガイダンスルーム特徴

特にシチメンソウによる海の紅葉は美しく、例年11月中旬ごろから見頃になります。

東よか干潟で紅葉するシチメンソウ

シチメンソウ紅葉東よか干潟

干潟の生態系や干潟での漁などを、映像で見る事が出来ます。

東よか干潟ガイダンスルームモニター

そしてこちらが「ラムサール条約」の認定証。国際条約の認定証なんて、こんな場所でもなければまず目にする事がないですよね。イイものを見せて頂きました。

東よか干潟ガイダンスルーム認定証

外には観光地のお約束、記念撮影用にこんなものがありました。

東よか干潟ガイダンスルーム記念撮影

東よか干潟という名前は、佐賀市東与賀の地名から来てるんです。私はてっきり「よか」とは「良い」の九州弁と思っていましたw

東にある良い干潟という意味かと・・・しかし、地名が東与賀(ひがしよか)だったんですね。

佐賀に来て思うのは、有明海の景色は雄大で素晴らしいな~ということ。全国北関東、首都圏、近畿、山陰、山陽、四国、九州と16の県に転勤し、出張も含めれば30県近く行ってるとおもうのですが、他では殆ど見たことが無い風景です。

唐津方面のような海岸線なんて日本中に掃いて捨てるほどありますが、有明海だけは本当に独特の風景です。佐賀の人は身近すぎて何とも思わないかもしれませんが、他の地域から来た人は広大な干潟を見ると驚くと思いますよ。

身近すぎるからこそ、こういう場所を訪れて干潟に関心を持つことが大切なんでしょう。これからも皆で干潟を守り、この独特の風景を維持してもらいたいと思います。

「東よか干潟ガイダンスルーム」

MAP:佐賀県佐賀市東与賀町大字下古賀(東よか公園内) Googleマップへ

開館時間:9:00から17:00

休館日:月曜日

入場無料

参考:東よか公園ナビ



九州でブッチギリの最下位というマイナー県”佐賀・サガ・SAGA”

佐賀の歴史が熱い!佐賀をサガして!ワリとまじで

何にもね~じゃん!非難続出中の佐賀にある世界遺産はコチラ

佐賀のランチ旅「孤独オヤジのグルメ」はコチラ

佐賀ポータルって何?どんな人が運営しているの?

「佐賀ポータル」について。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. たまたま饅頭を買いに行って偶然見つけた歴史スポット、佐賀富士町の「金福寺」 佐賀の八賢人でしたっけ…
  2. 「櫛田宮」吉野ヶ里遺跡のほど近く、旧長崎街道神埼宿にある神社。 お櫛田さんと言えば「博多祇園山笠」…
  3. 佐賀市富士町の奥深く、田舎の山里にある国指定文化財「吉村家住宅」へ行ってきました。 佐賀北部の山里…
  4. 兵どもが夢の跡、天満宮が建つ於保氏居城跡と田畑の中にポツンと建つ墓石群。 佐賀藩主となった佐賀の地…
  5. 佐賀市三瀬にある貸切り利用可能な古民家「やまびこ交流館」見学のみなら無料。 福岡市と境を接する佐賀…

おすすめ

  1. 豚骨とニンニクって相性抜群だと思うんです。 佐賀市大財にあるドラゴンラーメン。ラーメン一杯390円…
  2. 九州以外の人からすると皿うどんと言えばバリバリ揚げ麺の長崎皿うどんなんだよね。 私も九州に来るまで…
  3. 佐賀でおこわといえば「まんえい堂」おこわも当然美味しいのですが「あん心(ころ)もち」がマジウマ過ぎて…
  4. 「三瀬そば」は福岡にある我が家から自動車で20分ほど、県境の山里にある三瀬そば街道1番人気のお店。 …
  5. 「全国五つ星の手みやげ」にも選ばれた佐賀の名店あけぼの菓子舗、逸口香(いっこうこう)と落雁専門の老舗…

アーカイブ

ページ上部へ戻る