「ローソン40周年記念プリン」の”薫るコーヒープリン”で幸せいっぱい!カスタードも美味しいよ

Pocket

ローソン創業40周年記念のプリンがマジうま!特に薫るコーヒープリンがヤバい、マジでヤバい。ということで、ローソンが創業40周年を迎えるとか、迎えないとか…って、創業40周年なんですね。おめでとうございます!

昔はヤマザキパンとか、パン屋さんがいろんなお菓子を置いていたりして小学生の溜まり場的な場所だったのですが「開いってまっす貴方のローソン♪」なんて歌が流れ始めてから、瞬く間にコンビニ一色になっていきましたよね。そんな中で、ローソンといえばコンビニ黎明期から大活躍だった老舗中の老舗。東のセブン、西のローソンだったよね?もう40年になるのか~と、少し感傷的になりそうですが40年なんですよね。と、無理に内容のない話をするのはやめておいて、さっそく「ローソン40周年創業祭記念商品」として6月2日に発売されたプリンの紹介です。

40周年記念のプリンというだけあって、パッケージは渋いブルーに金文字という豪華だけどシンプルなデザイン。この色は上品で豪華という鉄板の組み合わせですよね、ローソンブルーかっこヨス。

ローソン40周年プリン

箱を開けると綺麗にプリンが二つ並んでいるのですが、とても品がよろしい。持ったときの重量感もあって、プレミアムプリン感がビンビン来てます。期待してしまいますね。

箱の中

フタの裏には、各プリンの簡単な説明が書かれています。コーヒー豆がどうとか、和三盆のやさしい甘さがどうとか、コクと香りとななんとか、普通こういう売り文句ってソコソコに読んでしまうんですけど、後でこの書かれていることの意味を自分の舌で思い知る事になります。

キャッチコピー

パッケージといい、ナニといい、もうアレですなアレ、期待値が高まってムネアツですよ。という訳で、中身をぶちまけて並べてみました。プリンが二種類、和三盆が云々の”カラメルソース”と、クラッシュ感がザクザクする”カラメルクラッシュ”

40周年プリン中身

個別アップはあったほうが良いのかな?ないより有ったほうが良さげなので、えいっ!

なめらかカスタード薫るコーヒー

では、さっそく実食いたします。まずは「なめらかカスタードプリン」から。高級感溢れるプリンの雰囲気をブチ壊すような感じで、そのままいっときます。

こぼさないように気を付けながらカラメルソースをかけて、一口パクリ。ヌワッ甘い!ゲキあま!と食べた瞬間思ったのですが、プリンが口の中を通過すると、甘さがスッと切れる。プリン自体のクリーム感が濃厚で食べてる感がハンパ無く、とにかく甘さが強い。しかし、甘さがくどくなくて、スッと切れるから嫌味じゃないですね。なるほど、これが氷砂糖を使った”キレのよい”甘さなのか。シロップは本当に優しい甘さ、シロップ特有の味が控えめにですが、しっかりとプリンの味を引き締めています。なるほど、パッケージに書かれていたのはこれだったのか…

実食カスタード

さて、続きましては「薫るコーヒープリン」に参ります。もうね、皿に盛れよ!というご意見を多々頂きそうな写真ですけどね、私のような底辺に生きるものはそのまま行くんですよ。そう、野趣あふれるといいますかね、このパッケージが立派な食器じゃないか!洗えばまた使えるよ!と主張するわけですよ、えェ。

無駄口を聞いている間にも、世の中は立ち止まる事無く動いています。プリンのフィルムを剥がして、ガリガリのクラッシュをカラメルして、さっそく一口パクリといくと…うめェ!これマジうめェ、パネェまじで。どないなっとんねん!と、思わずプリンを持ち上げてカップの底を見てしまいましたよ、何か仕掛けがあるんじゃなかろうかと。

とにかくコーヒーが濃厚、コクも香りもとにかく芳醇で濃厚で、それこそガリガリクラッシュが香ばしくカラメルってます。程よい苦み、深いコク、甘いけど甘さを吹き飛ばすような濃くて深いコーヒーの味、そしてカラメルの香ばしさと柔らかいプリンにザクザクとした食感のアクセント。濃い、とにかく濃い、美味い!

なるほど、これがパッケージに書いてあった”コーヒー豆のコクと香りがしっかり感じられる”なのか、そして、このガリガリが”カラメルの香ばしさとザクザク食感”なのですよ。

薫るコーヒープリン

どうです、パッケージに書かれていた各プリンの説明書きが、ただの宣伝文句でなく事実であるという事を、自分の舌で思い知らさましたよ。

今回のレポートでお気づきの方もいると思いますが、私は”薫るコーヒープリン”のほうがチョッピリ好みだったようです。もともとコーヒー好きですからね、なるべくしてなったという感じです。しかしながら、カスタードのほうも美味しいですよ。プレーン系のプリンが好きな方なら、当然、カスタードが美味い!となるでしょう。

最近のコンビニスウィーツは侮れませんね、セブンのガトーショコラもヤバかったし、ローソンのドーナツもかなり本格的になってます。スウィーツだけでなく、ケンチキ(KFC)もコンビニとの競合で苦戦!なんてニュースが流れたり、コンビニのグルメ化が凄い事になってきています。いろんな業種の企業が切磋琢磨して、手軽に美味しい物を食べて幸せになれる私たちは嬉しいのですが、企業の人たちは開発競争が大変なんでしょうね。とにかく、みんな頑張れ!そして、ローソン創業40周年おめでとうございます!

という感じで締めたけど、いかがでしたでしょうか。

 

プリン以外にも40周年創業祭と銘打って様々な記念商品が発売されるようなので、気になる方は下記リンクから情報をゲットだぜ!

ローソン40周年創業祭記念商品一覧ページ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 「龍泰寺」は大宰府を追われた九州の雄、少弐氏が築いた城跡に建立されたお寺です。 鎌倉から室町にかけ…
  2. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  3. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  4. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  5. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る