博多上川端のディープな超絶レトロゾーン「祇園マーケット」ぎんなん通り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

博多川端、観光名所として知られる櫛田神社のすぐ横にあるレトロゾーン。

福岡市営地下鉄の川端駅、川端商店街の出口から出てアーケードを抜けると正面に見えるビル。博多へ行ったことがあれば、一度は目にしたことがあるんじゃないでしょうか。「祇園マーケット(祇園ビル)」というそうなのですが、建てられたのは昭和25年。福岡市に現存する2番目に古い鉄筋コンクリートのアパートです。

祇園ビル

昭和39年に現在の場所へ移動する前、博多駅は博多区祇園という場所にありました。このビルが建つのは旧博多駅のすぐ近く。太平洋戦争敗戦時、大陸や半島から引き揚げてきた人たちはこの博多駅から列車に乗って故郷へと帰っていったそうです。そのためかこの界隈には闇市が広がり、大いに賑わっていたそうなんですよ。

川端商店街を出てすぐ正面、三角州のような形で建つビル。左へ続いて行くのは昭和の姿をそのまま残したレトロな「ぎんなん通り」。右手にはキャナルシティ博多へ続く遊歩道の入り口。正面に見えるのは国体道路。

祇園マーケット3

ビルの反対側には、有名な老舗うどん店「かろのうどん」があります。

目の前が櫛田神社の南門「櫛田の焼きもち」で有名な、櫛田茶屋から入っていく裏路地。

祇園ビルの脇にある通り「ぎんなん通り」もう抜群の雰囲気。こういう風景を見ると、おじさんワクワクしちゃう。

ぎんなん通りから見上げる祇園マーケット、見るからに古い。そして圧倒的な迫力。

さらにこのビル、テナントビル兼集合住宅としてまだまだ現役。入り口があったので中へ入ってみましょう。

一階部分は祇園マーケット、八百屋さんや鮮魚店が並んでいたそうです。今でも八百屋さんが営業していますね。

足元には排水用の側溝が彫られた通路、白い点線があります。かつては地域住民の台所として、大いに賑わったんでしょう。

更に奥へと続く通路、コチラは鮮魚店があったのでしょうか。

祇園ビル3

祇園ビル4

中で二股に別れている場所がありました、先を見るとこちらも現役の青果店。八百屋の方がいたので挨拶すると、もうほとんどの人が出て行ってしまったとのこと。

祇園ビル5

ちょうど三角形の膨らんだ部分に吹き抜けがあるようですね、採光用でしょうか。

祇園ビル6

吹き抜けへ出てみました。完成当時は子供の遊ぶ声なんかも聞こえていたんでしょう、古いながらも生活感のあるビルです。

祇園ビル7

2階から上のアパート部もまだまだ現役、台湾マッサージの看板があったので中へ入っていきます。ところで、台湾マッサージとななんぞや??

祇園ビル8

中へと進んでいくと、これまたレトロ!というか、戦後すぐの建物の中ってこうなってたんですね。

階段を塞ぐための木の扉、鍵が付いています。防火扉にしては木製だし、吹き抜けがあったんじゃ密閉できないから意味ないですよね。防犯のため、アパート部への入り口を施錠していたのでしょうか。これは実に興味深いですよ。

祇園ビル9

更に、かく部屋の玄関扉。木製なんですけど、鉄製の外扉があります。これは防火用?それとも防犯用?とにかく、こんなの見たことがりません。

祇園ビル10

さすがに古い建物だけあって傷みはありますね、だからこそなんでしょう、リアルに時の流れを感じる事が出来ます。

祇園ビル10

空襲で焼けた博多の街に建つビル、建築当初は最先端のハイカラなシンボル的ビルだったんでしょうね。

階段の踊り場には自転車が、置いてある網戸はアルミ製。

祇園ビル12

2階と3階がアパート、そして屋上へと続く階段を見つけました。壁がはがれた場所から木枠と鉄筋が見えます。

祇園ビル13

そして屋上へ。思ったより広いですね。

祇園ビル15

屋上階段の出口、ちょうどここから出てきました。今も昔も、屋上は洗濯場になっているようです。

祇園ビル16

端っこから見渡すと、ビルの形状がよくわかります。三角州のような形状、国体道路側に一つ階が高くなった部分があります。

祇園ビル17

屋上のすぐ脇には櫛田神社。屋上から見る事が出来ます、ほんと博多の一等地。

祇園ビル18

川端商店街の入り口も目の前。

祇園ビル19

キャナルシティ博多方向。

祇園ビル20

採光用の吹き抜けの屋上部、雨の侵入を防ぐためでしょうか波板で蓋がされてました。

祇園ビル21

3階廊下から吹き抜け部を見下ろすとこんな感じ。

祇園ビル22

下りていく階段の途中にあった木枠の窓、レトロな写真が撮れました。

そしてビルから出てきて1階のお店。中に入った時に見えていた八百屋さんです。

祇園ビル23

一階部分のテナントは今でも大盛況、こんな街のど真ん中にあるレトロなビル。よく今まで壊されずに残っていたものです。このビルを残してくれた皆さん、おかげで貴重な体験をさせていただきました。

祇園ビル25

いや~、すごいですね。ほんと凄い。

戦後すぐとか戦前の建物とか、数は少なくなってきてますが今でも現存しています。しかしね、多くが近代化の改修を受けたりして、大きく姿を変えていたりするんです。そんな中で、この祇園ビルは建築時の姿をほとんど変えずに今も残っている。アパート部の玄関扉とか、階段の木製扉とか、ブレーカーが外に付いていたり、ほんと戦後すぐに建てられた当時の設備がそのままなんです。

建築が昭和25年ということは1950年、私がこのビルを訪れたのは2016年ですから築66年。よく今まで残っていたものです、この立地で。

これはもう文化財登録しても良いんじゃないでしょうか、博多の戦後復興を象徴する文化遺産ですよ。せっかく今まで大切に使ってきた建物、上手に生かして残していってもらいたいですね。

「祇園マーケット(祇園ビル)」

MAP:福岡市博多区上川端町2−2⇒Googleマップへ

※この記事は私が別のサイトで投稿していた記事を、リライトして当サイトへ投稿したものです。また、訪問時の様子をレポートした記事なので、現状が変更になっている可能性があります。当サイトは記事の正確性を保証いたしません、そのことをご了承の上でご覧ください。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 磨崖碑
    佐賀市大和町の国道263号線拡幅工事で約340年前の磨崖碑が見つかったそうです。 こんな場所で見つ…
  2. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  3. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  4. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  5. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る